社会の変化を捉え
イノベーションに挑み続ける

テクノロジーの進化に伴う産業構造の変化、
東光器材は変革し続けます。

私たちについて
About us

Vision

<企業使命>
東光器材は、東光高岳グループの一員として電力機器製造の一翼を担い、
電力の安定供給を通じて社会生活の安定に貢献します。

<経営姿勢>
不確実性の高まる社会で、企業として存続する為に環境(政治・経済・社会・技術)の変化を感知し、
その中で機会を見出し進取果敢に行動し、
電力機器メーカーとしての地位を確立することを目指します。
その為に社員一人一人は、
・現状に満足せず、変化を恐れません。
・過去の慣習や価値観に囚われず本質を見極めます。
・能動的に活動しお客様ニーズ、社会の変化、先端技術の情報収集に努めチャレンジします。

Message

代表取締役社長 佐藤伸明

代表挨拶

私たち東光器材は、東光高岳(旧東光電気)の子会社として創立され、長い間、東光高岳向け製品供給を事業の主体としてきました。この間、社会では科学技術が飛躍的に発展し、特にデジタル技術・ICTの急速な発展により、新しい社会的・構造的な変革がもたらされました。特に、スマートフォンの登場は、私たちの生活やビジネスに大きな影響を与え、人々の行動までも大きく変え、今もなお日々進化し続けています。
技術の進歩によるビジネスの変革は、企業に存続のための変革を促しており、東光器材も創設期以来の変革期にあります。高電圧試験装置の製造販売、エアカットバルブの製造販売と、自社製品の製造販売を事業の主体とすべく歩み始めました。
作家の司馬遼太郎先生は「革命期には思想家が現れ、次に行動家の時代、最後に革命の総仕上げとして登場するのが技術者である。」と言います。変革期にある東光器材を次のステージに導く事が、技術者の私に与えられた使命と受け止めております。孔子の教え「匹夫も志を奪うべからざる也」を心に、電力機器メーカーとしての地位を確立し、社会生活の安定に貢献する東光器材とすべく邁進して行く所存です。

今後とも一層の御支援、御愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役 佐藤 伸明

製品情報
Product

  • 01

    高電圧試験装置

    東光高岳グループの持つ品質管理・製造ノウハウと、高電圧試験装置の老舗トップメーカーの技術が融合した、新たな「TOHEN」ブランドの高電圧試験装置です。

    東光高岳グループの持つ品質管理・製造ノウハウと、高電圧試験装置の老舗トップメーカーの技術が融合した、新たな「TOHEN」ブランドの高電圧試験装置です。

  • 02

    エアカットバルブ

    空調機のドレン用排水管には空調機用トラップを設ける事が義務づけられています。エアカットバルブは、水封式と異なりバルブの開閉により管路遮断をおこない、排水管からの悪臭や昆虫の侵入を防ぐ乾式トラップです。
    発売以来40年以上、業務用空調機をはじめ冷凍倉庫、冷蔵倉庫の排水管(ドレン)、貯水槽のオーバーフロー管等様々な場所でお使いただいております防臭逆止弁です。

    空調機のドレン用排水管には空調機用トラップを設ける事が義務づけられています。エアカットバルブは、水封式と異なりバルブの開閉により管路遮断をおこない、排水管からの悪臭や昆虫の侵入を防ぐ乾式トラップです。
    発売以来40年以上、業務用空調機をはじめ冷凍倉庫、冷蔵倉庫の排水管(ドレン)、貯水槽のオーバーフロー管等様々な場所でお使いただいております防臭逆止弁です。

  • 03

    商品販売

    段ボール・蛍光ランプをはじめとした間接資材や高圧開閉器を販売しております。

    段ボール・蛍光ランプをはじめとした間接資材や高圧開閉器を販売しております。

会社概要
Company

社名 東光器材株式会社
所在地

本社
〒349-0101 
埼玉県蓮田市黒浜3497
Google Map

川崎事業所
〒210-0868 
神奈川県川崎市川崎区扇島4番地16
Google Map

代表者 代表取締役 佐藤 伸明
設立 1952年(昭和27年)3月12日
資本金 1,000万円
従業員数 157名(2019年12月現在)
事業内容
  • 高電圧試験装置の製造販売
  • 防臭逆止弁(エアカットバルブ)の製造販売
  • 株式会社東光高岳商品の受託販売
  • 株式会社東光高岳の各種電気機器製造の請負
  • 紙器製品及び各種梱包材類の販売
  • 事務用什器、間仕切り類の販売
株主 株式会社東光高岳
取引銀行 三井住友銀行五反田支店 
みずほ銀行新橋支店
沿革はこちら

採用情報
Recruit

共に未来を目指す人材を求めています。

募集状況に関してこちら